赤い羽根おおさかブログ

大阪府共同募金会が運営するブログです。 共同募金に関するお知らせをお届けします。

配分先からの“ありがとうメッセージ” 平成26年3月 No.128

赤い羽根共同募金の一環として、
毎年12月1日から25日まで実施している『NHK歳末たすけあい』の配分で、
年末・年始の時期に特有な福祉ニーズに応える事業を対象とする
「NHK歳末特別配分事業」の決定を受けられた施設から
寄付者の皆様によせられた『ありがとうメッセージ』をご紹介します。

特定非営利活動法人釜ヶ崎支援機構(大阪市西成区)のあいりん地域における
生活困窮者並びに日雇労働者への2013~2014年越年越冬事業
【配分金 43万8千円】

年末年始、行政機関の窓口や各社会資源が停止することにより、
仕事や住まいを失って野宿に追いやられる人たちが増えます。
 
その人たちに対して寒さを緩和するための衣類(下着)やカイロの配布と夜間巡回及び
炊き出し(食事の配布)等を通して寒さと飢えから命と健康を守るための事業を行いました。

衣類、カイロは大阪市社会医療センター軒下に設置した臨時の寝場所に泊まりに来る人々計504人に配布、
米やカップラーメンは、延べ16回実施した炊き出し(総炊き出し数10,530食)で使用しました。
 
その結果、年明け以降、仕事や福祉の申請等で野宿から抜け出して、
自立していく意欲と体力を維持することができました。
 
いまだ、格差が拡大し雇用情勢も厳しい中、街の高齢化も進みます。

野宿に追いやられて、命の危険にさらされる人たちの命と自立への意欲を守ることに
皆さまからの温かいご寄付が役立ちました。本当にありがとうございました。
釜ヶ崎支援機構


新羽根
[ 2014/07/16 15:43 ] 連載「もっと知りたい知らせたい」 | TB(-) | CM(-)